お手頃ペット保険を比較!年間保険料ランキング

人気のペット保険を保険料で比較ランキング
HOME » ペット保険の申し込み前に知っておきたい基本情報 » ペット保険はいつから入るのが良いか

ペット保険はいつから入るのが良いか

ペット保険は、愛犬や愛猫の万が一の事態に備える保険商品です。

ペット保険になじみがない方の中には、ペットが何歳になってから、どのタイミングで加入すれば良いのかが悩みどころではないでしょうか。またそれとは反対に、「いつでも加入できるから今はまだ大丈夫」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

実際、ペットが健康である場合には保険商品に加入していなくても問題はありません。しかし、いつどこで病気やケガに見舞われるかは未知数であり、いつ加入すれば良いか悩むのも無理はありません。

結論として、ペット保険には早めの段階から加入することが推奨されています。ペットによっては、生まれた時から健康に何らかのリスクを抱えている場合もありますので、そのような場合はできるだけ早期に保険商品を選んでおく必要があります。

他にも、ペット保険に早期に加入しておきたい理由があります。

1、健康上の問題による加入制限があるため

ペット保険の加入には、「健康(健全)な状態」であることが前提とされています。つまり、既往症などがなく、病院にかかる必要がない状態ということです。

軽いケガなどは「完治」が基本であり、既往症があればペット保険に加入することはできません。生まれつきの疾患の場合は、その治療にかかる費用そのものが保険の適用外とされることもあります。したがって、ペットがまだ若くて健康なうちに加入しておくことが大切なのです。

2、加入可能な年齢を超えるリスクがあるため

ペット保険には、商品によって加入可能な年齢が定められています。寿命の年齢に近づくほど、保険商品への加入は難しくなってしまいますので、「高齢になってからでも遅くない」という考えは誤りです。

年齢制限は、1の健康状態に関する制限と同じく、ペット保険に加入する際の最大のハードルとなります。高齢になってからではすでに遅く、自費

病院にかからなければならないケースが後を絶ちません。そのため、できるだけペットが若いうちに保険商品を選んでおくことが重要です。

ある程度の年齢になってからでも加入可能な商品はありますが、そのような商品にも年齢制限がついていますので、早期に保険に加入して損はないと言えます。

3、自費による高額医療費のリスクを抑えるため

ペット保険の最大のメリットは、保険に早期に加入しておくことで、万が一の事態に備えられるということです。ペットが若くて健康なうちから保険商品に加入していれば、事故や病気などの突発的な事態にも備えやすいのです。

どんなペットでも、高齢になり寿命に近づくほどに、病気やケガのリスクはアップします。ペットの種類によっては先天的に抱えていた疾患が、はっきりとした病気の症状として現れてくる場合もあります。そのような「万が一」に対して、自費だけではまかないきれない部分をペット保険がカバーしてくれます。

このように、ペット保険にはまだあまり広く知られていない制限などがあるため、できるだけ早期に加入しておくことをおすすめします。動物病院に行くと、ちょっとした検査や治療でも高額な費用がかかるため、治療の回数を重ねるほどに費用が高額になる恐れがあります。

そのようなケースに備えるため、ワンちゃんや猫ちゃんが幼い頃から備えをしておくことをおすすめします。

おすすめペット保険ランキング