お手頃ペット保険を比較!年間保険料ランキング

人気のペット保険を保険料で比較ランキング
HOME » ペット保険の申し込み前に知っておきたい基本情報 » ペット保険は病気でも入れる?

ペット保険は病気でも入れる?

ペット保険は、ペットが病気を患ったりケガをした時に備える保険商品です。原則的には健康でなければペット保険に加入することはできません。 ペット保険に加入する条件の一つとして、ペット自身が「健全な状態」である必要があります。全身が健康であれば問題はなく、病気にかかっても完治しており元気であれば問題はありません。

病気のペットの場合、基本的に「命に関わる病気」にかかっていれば保険に入ることは難しくなります。ただし下記で紹介する通り、条件付きでの加入が可能な場合があります。

条件付きでの加入が可能な場合もある

「条件付き」として、加入が可能な場合があります。この条件には各社によって内容が異なりますが、各社が定める病気を患っている場合を除けば、加入が可能とされています。

病気の治療中であっても、条件付きでペット保険への申し込みが可能となる場合があります。 ただし、治療中の傷病内容によっては「免責事項」が付加されたり、保険の申し込み自体が難しくなることもあります。 この「免責事項」とは、加入前に患っていた傷病への治療費や、該当の傷病を原因として発生した他のトラブルに対する治療費に対しては、保険金が支払われないとするものです。

つまり、保険で賄われる部分は保険加入後に新たに患った病気やケガのみであり、既存の傷病については自費で賄うという免責内容となります。 保険会社によっては、以上のような「条件」を認めたという意味で特約(特定傷病除外特約)を付帯しなければならない場合もあります。こちらも傷病の内容によっては保険の加入や特約の付帯ができない場合がありますので、事前に確認をするようにしてください。

ペット保険会社が例外とする病気については、以下に示す通りの深刻な傷病となります。各社ごとに病気の内容は異なりますが、もしも加入したい保険商品について例外となる傷病に愛犬や愛猫がかかっていれば、完治していたとしても保険の加入ができない可能性があります。

  • 悪性腫瘍
  • 腎不全
  • 糖尿病
  • 肝硬変
  • 慢性肝炎
  • 尿路結石
  • 甲状腺疾患
  • 猫伝染症腹膜炎
  • 猫エイズ
  • 心疾患
  • てんかん(突発性含む)
  • 緑内障
  • 白内障
  • フィラリア症
  • 脳炎
  • 狂犬病

のような病気を持っている場合には、例外なく保険加入は難しいと判断されてしまいます。上記の病気になったことがあったり、現在病気を治しているペットはペット保険への加入は難しいでしょう。

上記の傷病にかかっていない場合は、加入に際していろいろな審査がありますが、保険の加入自体はできる可能性があります。その際に保険会社に提出する書類に「告知書」と呼ばれるものがあります。 ペット保険の加入に際しては、ペットの現状や健康状態・既往症の有無・かかっている傷病(治療中のものやその経過状況)などを確認し、申告するための告知書を作成しなければなりません。正確に告知書を作成し、提出された内容を保険会社側で確認し、加入の可否を判断します。

告知書の内容に問題がなければペット保険への加入が可能となります。しかし大切なことは、各保険会社によって判断基準が異なるということです。申し込みをしてみなければわからない部分もありますので、加入を考えている場合はお問い合わせ窓口に連絡し、確認を取ることをおすすめします。

仮にペットが傷病にかかり、病名が付いてしまうと、ペット保険への加入は容易ではなくなってしまいます。ペット保険に加入予定の飼い主さんは、ペットが健康なうちに加入することをおすすめします。

猫のペット保険は病気後でも入れる?

猫は病気を隠しがちで、ひどくなってから飼い主も気が付くということが多いと言われています。ひどくなってからでは治療も長く続きますし、命にもかかわる病気にかかる可能性もあるため、少しでも早く飼い主が気付いてあげられるといいですね。犬と比較すると丈夫な動物で、病気は少なめだといわれています。しかし、病気にならないわけではありません。

病気になったときはすぐに病院で治療してあげる必要がありますが、気になるのは治療にかかる費用です。手術は一度で大きな費用がかかりますし、通院をするとなるとそのたびに費用が発生してしまいます。

そこで治療費を助けてくれるのが、ペット保険ですね。猫もペット保険があります。猫のペット保険は犬と違って種類によって保険料が変わることはないので料金はわかりやすいですが、病気をしてしまってからの加入は基本的にできません。もしもできるとしても、その病気での治療にかかる部分は適用外となってしまうため、病気になってから保険に入るとしても、メリットはあまりないといえるでしょう。もちろん違う病気に備えて入ることに意味はありますが、病気の治療費が大変だからペット保険に…と考えても、まかなうことは難しいですね。

犬のペット保険は病気後でも入れる?

犬はペットとしても人気が高く、猫が人気上昇している中でも、安定して人気がありますね。ペット保険も犬をメインとしている会社が多く、犬の場合は年齢で変わるだけではなく、犬種によっても保険料が異なります。一般的に、多く飼われている犬種は保険料が安くなる傾向があります。チワワやトイプードルなどですね。

犬の体調がすぐれないとき、すぐにでも病院に連れて行ってあげたい…でも治療費が心配…それを解消するのがペット保険です。ペット保険の補償に関しては、基本的にどのペットでも同じで、病気後に入っても適用外となります。そのため、早めにペット保険に加入しておく必要があるでしょう。

また、病気をしてからだとペット保険の審査に通らない可能性もあります。既往症となってしまうため、病気がちで保険料を使う可能性が高いペットなので、そもそも加入自体を断られてしまいます。これは人間の保険と仕組みは同じです。備えあれば憂いなし、ということで早めの加入をおすすめします。

うさぎのペット保険は病気後でも入れる?

犬や猫が人気のペットですが、実はうさぎも人気が高いです。吠えたり鳴いたりしないですし、小さくてお世話も楽、おとなしくて人懐っこい、寂しいと死んでしまうというぐらい甘えん坊…とペットとして可愛がっている人も多いでしょう。一人暮らしの人にも人気があるペットです。

うさぎも病気になる可能性があり、病院で治療を受けることもありますよね。その際に、全額自己負担になると治療費が心配です。

うさぎの場合は、まず加入できる保険が限られてしまいます。犬や猫ならたくさん選べる保険会社があるのですが、うさぎは加入できる中から選ばなくてはいけません。

ただし、病気になってしまってからでは手遅れになります。病気をしてしまうと、既往症があるとみなされて保険に加入できなくなる可能性も。もし加入できたとしても、すでに既往症になってしまった病気による治療は適用外です。加入してから治療を受けても、保険料が支払われなくなります。

大事なペットであるうさぎ、もしもの時を考えて治療を安心して受けさせてあげられるペット保険に加入しておくといいですね。うさぎも長生きをするので、病気をする可能性も考えておかなくてはいけません。病気になってからではなく、犬や猫と同様に早めに加入しましょう。

おすすめペット保険ランキング