お手頃ペット保険を比較!年間保険料ランキング

人気のペット保険を保険料で比較ランキング

ペット保険のメリット

ペット保険に加入するメリット・デメリットをまとめています。

ペット保険に加入するメリット・デメリットはあるの?

徐々に認知され始めてきたペット保険ですが、加入率は未だ低いままであり、「検討はしているけど未加入」という方も多いと思います。そこで、ペット保険に加入するメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみましたので、参考にしてみてください。

ペット保険に加入するメリット

高額な治療費を軽減できる

ペット保険のメリットは、第一に医療費や治療費に関する事柄です。 ペットが病院にかかる場合、治療費は全額自己負担となり、人間のように保険の適用がされません。公的な保険が付けられていないため、民間の企業によって「ペット保険」というものがつくられました。 一例として、ペットの一回の治療にかかる費用は数千円程度。手術になるとさらに高額になり、数万円から数十万円かかることも珍しくはありません。特に最近ではペットの高齢化にともない、病院にかかる機会が多くなっているため、そのぶん治療費がかさむといった問題もあります。

医療や食べ物の発達にともなって、ペットたちの寿命は年々延びています。犬で16歳以上、猫では20歳以上生きるケースも珍しくないため、高齢化したペットがかかる医療費は相当なものになります。

ペット保険は、加入しておくだけで自己負担分を軽減することができるものです。補償の種類としては「定率補償」と「補償」の2タイプに分かれ、どちらもペットの治療やケアにかかる費用を減らすことが可能です。 複数のペットを飼っている方にとっては、全員分のペット保険に加入するのは大変ですが、子犬や子猫などの幼いペットや、高齢のペットだけでも保険に入っておけば、万が一の事態にも安心して備えることができます。

動物病院に定期的にかかることができる安心感

ペット保険に加入しておくことで、動物病院に定期的にかかることができるという安心感もあります。自己負担が少ないぶん、定期検査が必要なペットに対しても、安心して検査を受けさせてあげられます。 動物も、人間と同じく病気の早期治療・早期発見が大切です。少しでも安心して、楽に寿命をまっとうできるように、ペット保険は飼い主さんとその家族であるペットたちをサポートしてくれます。

ペット保険に加入するデメリット

デメリットに関してはやはり「費用がかかる」ということが挙げられます。ペットに向いた保険であっても、毎月決まった額を支払わなければならないため、費用に余裕がなければ加入は難しくなってしまいます。 保険の種類や特約の有無などによっても金額は変わってきますので、保険商品に関する情報は細かいところまでチェックし、担当者から説明なども受けたうえで、納得できる商品に加入する必要があります。

ペット保険には特約と呼ばれる付帯的な補償もあります。こちらは「賠償責任特約」などと呼ばれる特約で、基本の契約に付けておくことで、万が一の事態における賠償責任や、損害賠償費用をカバーすることができます。 特約の代表例である賠償責任特約は、自分のペットが他者のペットに噛みつくなどしてケガをさせたり、他者の持ちものや家具などを壊してしまった時に、損害賠償金を補償するものです。

万が一他の犬や猫とケンカをしてしまって、一方的にケガなどを負わせてしまったなら、飼い主さんは責任をとらなければなりません。そのような場合に、賠償責任特約が生きてきます。 特約には他にも、ペットが亡くなった際に「お見舞金」の支給があるものや、健康相談などができるものなどもあり、そちらも飼い主さんにとって魅力的な内容となっています。

ペット保険には、基本となる契約の他に特約が存在し、組み合わせの内容も金額もそれぞれ異なります。 まずは補償内容やトータルでかかる金額を算出し、飼い主さんのニーズとペットの健康状態や性格などに合った保険に加入することをおすすめします。

日本国内で保険加入率が低い理由は?

現在、国内で飼われているペット(犬・猫のみ)はそれぞれ900万頭を超えるというデータがあり、国内の3割程度の人が、現在も愛犬・愛猫と暮らしているようです。

一方でペット保険の加入率はというと4~6%程度に留まっています。世界に目を向けるとイギリスは約20%、スウェーデンでは80%というデータもあり、日本のペット保険加入率がいかに低いかが分かりますね。

なぜ、このような状況になっているのか、というと、まず1点は保険料が割高だと考えている人が多いことです。飼っているペットの種類や年齢、サイズにもよりますが、保険に加入することで、毎月もしくは毎年、少なくない額の保険料が必要になります。

しかも、ペットが高齢になるにつれて、その保険料が値上がりしていくのですから、「保険料が割高」と考えてしまう方がいるのは無理もないことかもしれません。

それでも、ペット用の積み立て貯金をして治療費に充てるより、保険に加入した方が安心できるから、とペット保険を選んだ人もいます。

実際にワンちゃん・ネコちゃんが病気になった場合、どのくらいの費用が必要なのか、それぞれまとめていますので、こちらを見てペット保険への加入を検討してはいかがでしょうか。

ペット保険への加入率が低い理由のもう1点は、そもそもペット保険を知らない・理解していない点が挙げられます。

ぜひこのサイトを活用し、あなたの大事な家族にマッチしたペット保険を選んでください。

おすすめペット保険ランキング